ケータイ辞書JLogosロゴ 赤石村(近世)


秋田県>金浦町

江戸期〜明治9年の村名出羽国由利【ゆり】郡のうち元和8年まで最上【もがみ】氏領,元和9年から仁賀保【にかほ】領,寛永8年酒井預り地,寛永17年より本荘藩領となる赤石川河口部に位置する慶長17年の最上検地によると,戸数26・塩釜1つであった元和9年の村高330石,諸役は夜廻銀3匁・山手役銀2匁8分・漆であった(仁賀保町史)寛政9年の村高330石・戸数13,「天保郷帳」では353石余宝暦11年隣接する塩越【しおこし】村と浜論争があり,名主立会いで村境を決定する事件があった文化元年の象潟【きさかた】地震後の金浦澗【このうらま】の修築と隆起した土地の新田開発の工事責任者として赤石村の工藤伝作が活躍しているまた天保初年前川村の桜庭判四郎なる人物により赤石くぐつ新田が開かれ12町歩の田地が成立保呂羽【ほろは】様といわれ医療の神として崇拝されている羽宇志別【はうしわけ】神社があり,1月4日近村から多数の若者が裸参りのうえ堂内で押し合いの行事があったが明治になり廃止された明治9年金浦村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7257938
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ