ケータイ辞書JLogosロゴ 赤沢村(近世)


秋田県>井川町

 江戸期〜明治22年の村名。秋田郡のうち。秋田藩領。寛永19年4月14日梅津主馬から安藤弥次右衛門に宛てた指紙写に「井川赤沢之内まるき橋谷地新開」とあり(払戸渡部家文書),当初は井河【いかわ】村に編成された村であったと推定される。延宝3年開村に成功した丸子橋村を枝郷として,のち黒印村として独立。「正保国絵図」「元禄7郡絵図」ともに67石と図示。「享保黒印高帳」では村高158石余・当高129石余(うち本田75・本田並38・新田16),「寛政村附帳」で当高132石(ほとんど給分)と認定。「天保郷帳」は129石余。戸数は「享保郡邑記」「秋田風土記」ともに11軒(うち枝郷分1)。大久保・虻川【あぶかわ】2か村を格(隔)年親郷とする寄郷である。村鎮守は神明社。明治11年南秋田郡の村として,浜井川村を戸長役場とする13か村と連合。同22年南秋田郡上井河【かみいかわ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7257945
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ