ケータイ辞書JLogosロゴ 阿仁銀山町(近世)


秋田県>阿仁町

江戸期〜明治22年の町名出羽国秋田郡のうち秋田藩領以前は銀山が盛んであったので実際は銅山であるが名前だけが残ったという採鉱が本格化した慶長年間に水無村の土地を分割し,屋敷を建て山師たちをこの地に移したのが町の始まりといわれる当町域内の鉱山は慶長7年佐竹氏入部以来本格的に開発され,同15年には直山となった元和年間が金銀山の最盛期であり,寛永(一説に寛文)年間には小沢山銅鉱脈の発見以来の銅山としてその名を高めるはじめ秋田藩は運用銀取の方策を取るが,元禄年中には直山とするその後,請山と直山を繰り返すことになるが,その鉱山の盛衰はそのまま銀山町の盛衰でもあった無役地であり,上新町・下新町・畑町に分かれ,水無村とは町並みが連続していた寛政年間の戸数400軒・人口2,000人という(享保郡邑記)町続きの水無と同様,鉱山外の運送従事者と,その他鉱山労働者などを相手にする諸商売の者が多く,銀山町とは名ばかりで鉱山そのものに働く者は少なかったようである(銅山木山方以来覚)明治6年阿仁銅山は官営に移され,同13年にはドイツ人技師メッケルらが招かれているこの後同18年に政府は銅山を古河市兵衛に払い下げ現在に至る鎮守は熊野・愛宕・観音・稲荷の4社明治11年北秋田郡に所属同22年北秋田郡阿仁銅山村の一部となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258016
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ