ケータイ辞書JLogosロゴ 荒瀬村(近世)


秋田県>阿仁町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国秋田郡阿仁小猿部【おさるべ】のうち。秋田藩領。村高は「正保国絵図」本田当高153石余,「享保黒印高帳」村高735石余・当高345石余(うち本田184・新田161),「寛政村附帳」当高413石余(うち蔵分395・給分18石余),「天保郷帳」345石余。もとは荒瀬本村の東方で元屋布の名のある所に集落があったが,沼地であった現在地を田地として享保以前に移ったという。もとは小淵村の枝郷であったが元禄11年より独立して肝煎を置いたという。寛政年中の戸数は荒瀬本村52軒,枝郷は櫃畑【ひつはた】村7・萱草【かやくさ】村24(山萱草と里萱草に分かれる)・左内(佐山)村6・笑辻内(笑内【おかしない】)村23・根子【ねつこ】村24・伏影村10・ヲハ淵村3・比立内【ひたちない】村50・岩野沢村7・太平【おおだいら】村3・幸屋(幸野)【こうや】村17・幸屋渡村16・羽立【はだち】村16・長畑【ながはたけ】村6・鳥取内【ととりない】村100(トチノ木・野尻・鳥越・小倉の4か村枝郷)・巣生(菅生【すごう】)村4・下比立内村16・打当【うつとう】村(前山・トト戸)60,さらに鉱山との関係で向岱【むこうだい】・荒瀬川・鍵ノ滝の3か村が見られる(寛政村附帳など)。すべての村々が銅山に関係して生活しており,多くの村はアワ・ヒエを常食とし,アワ・ソバで酒を作ったという。天保の飢饉では村内困窮し田地97町を他村に入質,のちに復旧するという状況であった。これらの村々では猟をすることが業となり,特に熊を取りその他の動物も獲物とした。鎮守は荒瀬に薬師があり,枝郷ごとに伊勢社があったという。明治11年北秋田郡に所属。同22年以降も単独村として存続。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258055
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ