ケータイ辞書JLogosロゴ 碇田村(近世)


秋田県>雄和町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国由利【ゆり】郡のうち。当初は最上義光領(楯岡豊前守所管)。慶長17年6月28日「由利郡検地帳写」に大正寺郷5か村のうち猪狩田村とある。次いで元和8年佐竹氏預り,本多正純領を経て,翌9年以後亀田藩領。「正保国絵図」とその作成基礎台帳の正保3年「高目録」には高346石(うち田344・畑2)とある。「元禄7郡絵図」とその関連台帳の元禄15年「郷村高辻帳」には407石と表示。「天保郷帳」は448石余。亀田藩の城下町から福俣【ふくのまた】川を上流へ,出羽丘陵を越える新波に至る道筋の南方にある(正保国絵図)。修験当山派石動山慶長院が宮ノ前にあり,一説に落人とも伝承されているが,能登国から北上して嘉祥元年に土着,能登の石動山大権現を奉祀したものという。天保2年の戸数40軒。肝煎那須与右衛門。明治5年の戸数42・人口289,同22年の戸数40・人口275,田64町歩・畑65町歩・山林原野182町歩余。同22年由利郡大正寺村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258133
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ