ケータイ辞書JLogosロゴ 大沢村(近世)


秋田県>山内村

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国平鹿【ひらか】郡のうち。秋田藩領。藩政初期に佐竹義宣の側室で不縁となり,横手城代須田盛秀に預けられた岩瀬御前昌寿院は,当村200石を化粧田として付せられる。「正保国絵図」「元禄7郡絵図」ともに196石の村として図示。しかし延宝〜天和年間に枝郷庭当田・沼山両村が菅生庄之助(指紙開か)や地元民の忠進開により開村されたといい,「享保黒印高帳」では村高319石余・当高333石余(うち本田217・本田並94・新田22),「寛政村附帳」で当高295石余(うち蔵分28・給分267)と認定。山麓に堤池を造成し,明和7年「村々堤見分並日記」には当村分の堤18か所と記す。親郷横手町の寄郷である。「享保郡邑記」では,枝郷に前記2か村に廻立【まつたて】・羽根山【はねやま】を加えた4か村,戸数53軒(うち枝郷分33),「秋田風土記」では45軒の村と記載。「雪の出羽路」では,新たに枝郷長瀞【ながとろ】・矢堰【やびつ】の2か村が成立とし,106軒・358人(肝煎三右衛門)・馬38頭とある。村鎮守旭岡神社は中世以来鈴木家が神主を勤め,正保4年藩から社領5石を寄進され,横手内町・外町など近辺27か所に掠を持っていた(鈴木家文書)。同社安置の旭岡正観音は領内巡礼12番札所。文政4年火災で神宝などを焼失したが,幕末から梵天奉納も始まり,広い信仰を集めた。「鈴木家文書」には天保大飢饉時の日記など民政関係史料も多い。大沢山には横手前郷村などが代米を支払って馬飼育の草飼場として入会(全国山林原野入会慣行調査資料)。「天保郷帳」は333石余。明治4年には当高295石余・戸数75軒(鈴木家文書)。明治16年大沢小学校開校。同22年平鹿郡山内【さんない】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258474
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ