ケータイ辞書JLogosロゴ 大松川村(近世)


秋田県>山内村

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国平鹿【ひらか】郡のうち。秋田藩領。「正保国絵図」では小松川村・外山【そでやま】村の2枝郷を含んで64石の村と図示。その後,小松川村を分出して,「宝永2年黒印高帳」では当高88石余。「享保黒印高帳」では村高139石余・当高96石余(うち本田48・本田並7・新田40),「寛政村附帳」で当高94石余(うち蔵分59・給分34)と認定。正式には横手町を親郷とする寄郷山内【さんない】村9か村中の1村であり,当村には肝煎が置かれず,帳蓋役がその代用を勤める枝郷的存在である。大松川村は高根子【たかねこ】・霜焼【しもやけ】・落合・下【しも】・向松川・上松川・田代・福万【ふくまん】・赤水・外山・赤倉・祖父台【おじがだい】・一野坂・板谷平【いたやびら】の14か村の総称である。享保年間には家数159軒(享保郡邑記)・人口880人(享保17年口上書)。石高不足で,無高が40軒もあるが,木柴伐りや山の青物業で渡世した(明和7年日記/鈴木家文書)。その山も福万の大倉沢,外山の檜ノ沢の山林は,享保年間に藩の御札山(御直山)に指定。しかし,この頃当村の山林へ仙北【せんぼく】・平鹿両郡20か村の百姓が入り込み,木柴を伐り取るとして提訴したため,藩ではこれらの村々から役銀【なたやくぎん】を納入させ大松川村に下し置く処置をしている(享保17年口上書)。また小松川地内草倉沢に開いた10町歩に及ぶ土地をめぐり,小松川村との間に嘉永4年より明治38年まで50年以上にわたる紛争を繰り返している(山内村郷土資料)。福万の大松川口は,南部領に通ずる境口で,小野寺旧臣で元和年中に福万に移住したという黒沢氏が,享保6年より代々拠人を勤め,2人扶持を支給されて,往来の旅人・物資の監視に当たった。文久3年より山内村9か村の肝煎を勤めた惣兵衛もこの子孫(山内村郷土資料)。「文化13年横手山内菅糸御買上取調帳」(沼田家文書)によれば,3貫余(代金17両余)の生糸を生産している勘七のほか養蚕農家6軒という。正徳4年再興された塩湯彦神社は,享保年間より社領30石を給されている(山内村郷土資料)。文化5年には113軒・630人。「天保郷帳」96石余。「明治4年御物成皆済目録」では109石余。明治9年丹波村を合併。同22年平鹿郡山内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258556
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ