ケータイ辞書JLogosロゴ 大麦村(中世)


秋田県>井川町

 戦国期に見える村名。出羽国秋田郡のうち。初見史料は天正19年正月17日「秋田郡御蔵入目録写」(秋田家文書)。太閤検地の結果,秋田実季領から太閤蔵入地に設定,管轄を実季に委託した村として記載。「いない村・うたミ村・大麦村・とほし岡村・寺沢村・赤沢村」345石余とある。「秋田県史」では大麦村を大森村と誤読,原文書で訂正した。当村は関連の「秋田家文書」でも井内村などと常に並記され,当村固有の石高は未詳。慶長2〜6年秋田家から豊臣方に報告した御蔵入物成納帳では,年貢率(蔵入物成率)は11〜23%であった(秋田家文書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258563
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ