ケータイ辞書JLogosロゴ 大湯村(近代)


秋田県>鹿角市

 明治9年〜昭和3年の鹿角郡の自治体名。地租改正を機に根市【ねいち】・風張【かざつぱり】・箒畑【ほうきばた】・腰廻【こしまわり】・一本木【いつぽんぎ】・関上【せきがみ】・倉沢【くらさわ】・宮野平【みやのたい】・大湯の9か村が合併して成立。郡区町村制下には草木【くさき】村と連合。戸長役場は大湯村にあった。明治22年草木村と合併。大湯・草木の2大字を編成。村役場は大湯。この時草木村では「大草村」の名を希望したという。同24年の戸数579・人口3,234,田地423町・畑地588町・宅地63町・山林124町・原野887町(秋田県市町村要覧)。同43年戸数656・人口5,438(第5回県統計摘要)。大正9年直接国税10円以上納付者数大湯95・草木20(秋田名誉鑑)。同12年戸数852・人口2,617(県戸口統計)。昭和3年大湯町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258585
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ