ケータイ辞書JLogosロゴ 小勝田村(近世)


秋田県>角館町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国仙北【せんぼく】郡(寛文4年まで山本郡)のうち。秋田藩領。「正保国絵図」「元禄7郡絵図」ともに365石の村として図示。藩政初期から指紙開・注進開が繰り返されたというが,川欠に悩む。主用水は山谷【やまや】川(川崎川または中川ともいう)から引水の堰に頼る。「享保黒印高帳」は村高276石余・当高297石余(うち本田268・本田並7・新田22)。明和3年打直し検地で当高199石余と変更。「寛政村附帳」は親郷白岩前郷【しらいわまえごう】村の寄郷として,当高199石余(うち蔵分182・給分17)。年貢率は藩政期を通じて64〜67%と藩平均を上回る。枝郷に北沢・法華川原【ほつけがわら】の両村を擁し,戸数は「享保郡邑記」20軒,「秋田風土記」28軒。村鎮守富士権現社のほか,山神社・大日堂・阿弥陀堂がある。当村山林は郷山として近隣農村の入会地。角館町に隣接し,江戸中期頃から角館町人の進出が著しく,質地小作関係が進展(小林家文書など)。天保5年奥北浦大一揆には当村も蜂起。この頃の親郷は雲然村。次いで幕末まで親郷八割【はちわり】村の寄郷となる。「天保郷帳」は297石余。「元治元年奥北浦村々取調帳」では,当高197石余,31軒・175人・馬19頭(小貫家文書)。明治22年仙北郡中川村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258604
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ