ケータイ辞書JLogosロゴ 勝楽村(近世)


秋田県>角館町

 江戸期〜明治9年の村名。出羽国仙北郡(寛文4年まで山本郡)のうち。秋田藩領。角館町の新町割以前の状況は未詳。町割後,町割周辺の農村部が勝楽村と小館村とになる。町割内の町名にも,勝楽町の名称を採用。「正保国絵図」「元禄7郡絵図」ともに,勝楽村30石と図示。「享保黒印高帳」では村高295石余・当高231石余(うち本田35・本田並154・新田42),「寛政村附帳」では当高268石余(うち蔵分200・給分68)と認定。町割後,改めて新田開発が盛んに行われたらしい。「享保郡邑記」では,枝郷に下川原【したがわら】村4軒を擁し,戸数30軒。この頃は親郷白岩前郷【しらいわまえごう】村の寄郷。18世紀末から親郷雲然村の寄郷となり,幕末には当村が玉川筋の小館村から刺巻【さしまき】村まで11か村の寄郷を差配する親郷となっている。玉川筋諸村の山林から玉川を通じて出荷する薪を取り締まる拾歩二御薪役所を,大威徳【だいいとく】山の麓に設置。たびたびの洪水に悩み,寛延12年火災で当村12軒焼失など災害もあるが,角館町に密接する村として発展。「月の出羽路」では,枝郷に下川原のほか前郷・山下・御塚家・下屋敷・星場・大風呂・御馬出【おうまだし】の8か村を記し,55軒・288人(肝煎高橋宇左衛門・高橋八右衛門)・馬51頭。村鎮守稲荷社(別当は角館竹原町の修験慈眼院)。ほかに,愛宕社・七面社・八幡社・日蓮堂などがある。「天保郷帳」は231石余。「元治元年奥北浦村々取調帳」では,当高250石余・59軒・287人・馬69頭(小貫家文書)。明治9年小館村と合併し岩瀬村となる。勝楽村の村名は,小字の勝楽として現在に残る。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258756
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ