ケータイ辞書JLogosロゴ 勝楽町(近世)


秋田県>角館町

 江戸期〜明治13年の角館町の町名。「かつらくちょう」と読み,侍屋敷の置かれた内町であり,小人【こびと】町に東接。南北に小路が通り,南端に外町【とまち】と境する火除【ひよけ】がある。「享保郡邑記」では,与下【くみした】塩谷弥太郎をはじめ士家19軒と記載。享保年間の町割図によると,豊前守家中7軒・角館給人13軒・明屋敷1軒の計21軒,ほかに火除に角館給人4軒とある。当町は塩谷・今宮氏など廻座級の武士が居住。塩谷氏が角館から移転した跡地の屋敷は,北原・千代・茂木・柴・吉成の5人に分割。岩橋家屋敷は今日まで原型をとどめ残す。寛政年間に郷校弘道書院開校(明治7年角館学校に転身)。通りに面した東西奥行40mが,江戸期武家屋敷地帯として,現在重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。明治13年角館町勝楽町は角館町東勝楽丁と改称。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258757
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ