ケータイ辞書JLogosロゴ 鎌沢村(中世)


秋田県>合川町

 戦国期に見える村名。はじめ陸奥国比内【ひない】郡のうち。秋田氏領となり,出羽国秋田郡に所属。天正19年正月17日豊臣秀吉が秋田実季の当知行を安堵した朱印状写に,「かまの沢村・すもも村・は年山村」214石余と記載(秋田家文書)。羽根山寄り李岱【すももだい】にも釜ノ沢の字地がある。あるいはこの付近に存在した小村かとも見られるが,近世の黒印村に関連させ,李岱・羽根山両村より7km南方の鎌沢村が上記の村であったと比定しておく。慶長8年頃の3村村高から按分して,上記石高のうち当村分は120石前後と推定される。集落背後の雪田沢【ゆきたさわ】の館・館ノ林と呼ばれる地点に,中世の館址があり,空濠を伴う単郭状構造で,館主は山岡氏と伝えられている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258839
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ