ケータイ辞書JLogosロゴ 上杉村(近世)


秋田県>合川町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国秋田郡南比内【みなみひない】のうち。秋田藩領。当初,下杉村(中世末期の下杉宮村)を枝郷として1村を構成したとみられ,「正保国絵図」でも下杉村は枝郷として郷形のみを図示し,上杉村541石と記載。延宝2年頃に下杉村(下杉新田村)を分出し,代わりに台地北方の金沢【かねざわ】村を枝郷として,「元禄7郡絵図」も541石余。その後,八幡岱新田【はちまんだいしんでん】村形成に際して金沢村を分出。「享保黒印高帳」で村高694石余・当高513石余(うち本田403・本田並46・新田64)と認定。村の範囲はこの時点で確立するが,阿仁川の洪水による被害が大きく,明和元年に打直し検地を実施。「寛政村附帳」で当高291石余(うち蔵分290・給分1)と認定。「秋田風土記」では514石余,「天保郷帳」は513石余。戸数は「享保郡邑記」で125軒,「秋田風土記」で68軒。村鎮守は八幡社。寛永2年に金沢村より真言宗寒相寺を当村に移し,明暦年間以降曹洞宗四海山太平寺(米内沢村竜淵寺末寺)と寺号改称。ほかに修験観重院(観寿院)がある。主な用水は道城【どうじよう】村から導入する三ケ村堰により,のち八ケ村堰に切り換える。万治3年八木橋【やぎはし】村から当村に移住した工藤氏は,天和元年から肝煎を世襲的に勤め,5代肝煎甚兵衛は村の起返新開の功により寛政12年苗字御免・生涯2人扶持を許可される。当地方の経済状況を記した「永々万日録大帳」など貴重な肝煎家文書を伝える。菅江真澄も当村肝煎工藤嘉吉について記す(久保田の落穂)。舟運・海運に従事して,元禄年間に藩の御用金に応じた「新田屋」二階堂氏,酒屋を営む豪農で天保年間に士分に取り立てられた関氏,幕末に阿仁の御山守を勤め苗字帯刀5人扶持を認められた米沢氏などがある。村は享保6年以後,親郷不設置の大阿仁下郷の村中の1村として,郷用は年行事が勤める。周辺農村が草飼場として入り会う大野台台地は当村の管轄下にあり,文化4年には入会村より鎌代として6貫文を徴収した記録がある(町史)。明治8年上杉学校創設。同22年北秋田郡大野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258880
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ