ケータイ辞書JLogosロゴ 上花園村(近世)


秋田県>角館町

江戸期〜明治10年の村名出羽国仙北【せんぼく】郡(寛文4年まで山本郡)のうち秋田藩領もと花園村といい,上・下の両村に分村したというが,花園村を明記する史料は未詳玉川左岸平野部に位置する東は堂野口村,西は下花園村に接する南端を白岩【しらいわ】と角館【かくのだて】を結ぶ白岩街道が横断する「正保国絵図」では下花園村を枝郷として528石と図示「元禄7郡絵図」でも下花園村473石余を分出して,なお528石余と図示するが,この数値は誤写とみられる「享保黒印高帳」で村高156石余・当高156石余(うち本田140・新田16),「寛政村附帳」で当高160石余(うち蔵分1・給分159)と認定村名は,荒田・荒田上・下【した】・不畏【いかめし】・斎藤川の枝郷5か村の総称であり,当時は親郷白岩広久内【ひろくない】村の寄郷西流する斎藤川の余水のほか,17世紀末から玉川取水の上堰・下堰用水の恩恵を享受当村内のスギは堰用水の樋木として供出その代償としてスギ3,000本の植林も認可されたという(秋田風土記)戸数は「享保郡邑記」で14軒,「秋田風土記」で16軒小村ながらも豊饒の地なりという村鎮守は稲荷社(明治6年村社となる)「月の出羽路」では,親郷雲然【くもしかり】村の寄郷として,17軒・90人(肝煎草彅伊之助・佐藤永助)・馬18頭「天保郷帳」は156石余「元治元年奥北浦村々取調帳」では,親郷勝楽【かつらく】村の寄郷として,当高158石余,19軒・82人,馬12頭と記載(小貫家文書)明治10年薗田【そのだ】村の一部となり,村名は,小字および集落の上花園として地名をとどめる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258901
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ