ケータイ辞書JLogosロゴ 萱ケ沢村(近世)


秋田県>雄和町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国由利【ゆり】郡のうち。慶長17年6月28日「由利郡検地帳写」に,大正寺郷5か村のうち荒沢村と見えるのは萱ケ沢村の誤写であろう。当時は最上義光領(楯岡豊前守所管)であった。次いで元和8年佐竹氏預り,本多正純領を経て,翌9年以後亀田藩領となる。「正保国絵図」とその作成基礎台帳となった正保3年5月28日「高目録」には,高193石(うち田192・畑1)とある。「元禄7郡絵図」とその関連台帳の元禄15年12月6日「郷村高辻帳」には高272石と表示。「天保郷帳」では高540石余。地名の初見は元和9年。館ノ腰【たてのこし】の保食神社は宇気母智神社ともあり,祭神馬頭観音は僧空海の作と伝えられるが,後代是山泰覚禅師修造ともいう。曹洞宗大哲派宝常山鷲泉寺(山形県北村山郡横山村向川寺末寺)は,本尊地蔵尊,境内770坪,檀徒1,480人。康応年間可屋良悦の開基。修験当山派日吉山長円寺は,享保13年から文化9年まで亀田藩岩城氏の触頭,寛保2年に大乗院を改称したもので文化3年格院別納となる。修験当山派諸倉山天応寺は真木屋【まきや】に転住,天正年間に三福【さんぶく】地方を開拓,八幡様を守護神として創建と伝えられる。天保2年の戸数87軒。肝煎は池田左右衛門。明治5年戸数90・人口567,同22年戸数101・人口648,田145町・畑23町・山林原野711町歩余,同22年由利郡大正寺村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258942
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ