ケータイ辞書JLogosロゴ 川井村(近世)


秋田県>合川町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国秋田郡南比内【みなみひない】のうち。秋田藩領。慶長8年「秋田比内郡兄之内川井村検地帳」(秋田県史)の村高116石余・名請人23名中村内居住者15名(うち7名は6石=1町2反以上,8名は2石=4反5畝以下)。このうち肝煎とみられる源右衛門は5町歩余,有力農民左衛門太郎は3町歩余と特に多く,当村田地15石余を2人で分有している。他はすべて畑地であった。「正保国絵図」「元禄7郡絵図」ともに本田当高164石と図示。「享保黒印高帳」では村高251石余・当高135石余(うち本田74・本田並27・新田34)。「享保郡邑記」の戸数44。「寛政村附帳」は当高162石余(すべて蔵分)。「秋田風土記」の戸数45。「天保郷帳」135石余。藩開発役渡部斧松が弘化元年大野台横呑沢に二段堤を築いたため上谷地開発が可能となり,嘉永4年約30戸の農家が台上に移転し斧松羽立村が誕生した(町史)。延宝4年藩は大阿仁の肝煎郷を7村に限定する方針を定め,川井村は増沢村支配となり,その後元禄8年の下杉村支配を経て,文政7年から肝煎郷に復活。米内沢以北大阿仁下郷に属し,年行事が郷用を勤める。村鎮守は神明社。明治22年北秋田郡大野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258957
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ