ケータイ辞書JLogosロゴ 川連(中世)


秋田県>稲川町

 南北朝期から見える郷村名。出羽国雄勝【おがち】郡のうち。貞和5年12月29日熊野先達檀那系図注文案に「出羽国山北山本郡いなにハ殿・かわつら殿」とあるのが初見史料(米良文書)。康暦元年頃,川連弥次郎は雄勝郡大門【だいもん】別当でもあった。出羽小野寺氏の本貫地である下野国小野寺保に隣接する皆川荘内にも川連村(現栃木県大平町)があるが,上記の小野寺一族川連氏は,稲庭氏と並んで,雄勝郡内の川連・稲庭の地を苗字の地にしていたとみられる。この頃から川連の地を中心に国人としての地歩を固め,東方の山地を利用して,川連城・八幡城を整備した。城館址が現存する。天正元年に曹洞宗河秀山竜泉寺を開基。農業用水は内沢など自然湧水のほか,中世末期に稲庭内の皆瀬川から右岸平野部に用水路(近世の五ケ村堰)を完成。この頃の川連の地は,近世の川連・大館・飯田・八面【やつおもて】4か村を含み,川連郷を称したとみられる。天正18年太閤検地後,破却を命ぜられた川連城や増田城(増田町)・山田城(湯沢市)を中心に,2万人余が検地反対一揆を起こし,鎮圧の後に川連は太閤蔵入地に指定された。ときの城主は川連与太郎道棟。その指出高2万10刈(140石=140貫文)は過小申告であったが,その3分の2を上納させられている。それも「百姓共如在仕」「惣のさくはい不罷成」という百姓層の課役拒否にあい,城主道棟は家臣川連道綱・佐藤信頼を通じて14貫500文だけ上納し,残りは「調兼る」と秀吉の代官に弁明書を差し出している(色部文書)。やがて蔵入地代官として最上義光が乗り込み,秀吉の没後,川連氏ら小野寺一族と軋轢を起こし,慶長6年小野寺家改易の要因となった。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7258991
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ