ケータイ辞書JLogosロゴ 黒川村(近世)


秋田県>金浦町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国由利【ゆり】郡のうち。元和8年まで最上【もがみ】氏領,元和9年より仁賀保【にかほ】領,寛永8年酒井預り地,寛永17年本荘藩領となる。慶長17年の戸数27,ほかに名子5人(金浦年代記)。元和9年の村高576石,諸役は夜廻銀5分・山手役銀2匁・漆であった。「記念館文書」によると享保15年の村高562石(うち本田423・免4.8,新田139・免3.0)。「天保郷帳」では684石。寛永9年の戸数21。元禄12年名主と組頭が対立し,名主が刑死する黒川騒動が起き,また安永9年隣接する芹田【せりた】村との間で,昔より山手役銀を黒川村で上納していた入会山をめぐる山争いが起きた(金浦年代記)。明治9年の戸数57・人口254(うち男125・女129)・馬29。村の中央にある小学校の生徒数27人(うち男24・女3)であった(郡村誌)。曹洞宗竹島山天松寺(小国村陽山寺末)がある。明治22年由利郡金浦【このうら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259134
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ