ケータイ辞書JLogosロゴ 黒沢村(近世)


秋田県>山内村

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国平鹿【ひらか】郡のうち。秋田藩領。「正保国絵図」では上黒川村101石余とあり,下黒川村・田代村を枝郷に擁する。「元禄7郡絵図」で下黒川村が三ツ又新田村となり,上黒川村は黒沢村51石余と図示。「元禄15年変地目録」に村名変更の旨が報告されている(佐竹文書)。「宝永2年黒印高帳」で当高64石余,「享保黒印高帳」で村高148石余・当高86石余(うち本田40・本田並5・新田40),「寛政村附帳」で当高92石余(うち蔵分82・給分9)と認定。村名は上黒沢・天狗森・下黒沢・田代沢の4か村の総称であり,親郷横手町の寄郷山内村9か村中の1村として,当村では肝煎の代わりに帳蓋役が村政を代行。「享保郡邑記」では家数51軒。「雪の出羽路」では62軒。安永年間にも新田開発が行われたが,不足がちの米は隣接の南部領から調達したという(秋田風土記)。「天保郷帳」で86石余。戊辰戦争では,佐々木長右衛門家が秋田藩の一隊30余人の宿所にあてられ,長右衛門の献身的働きに対し,明治3年賞詞と金500疋を下賜(山内村郷土資料)。「明治4年御物成皆済目録」では107石余。当村全体は地味が劣り,地租改正の折,田方・宅地ともに管内最下等の地とされた(秋田沿革史)。同14年平和街道(現国道107号)が開通し,当村を横断,交通の便は飛躍的に好転した。鎮守は熊野社。同22年平鹿郡山内【さんない】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259144
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ