ケータイ辞書JLogosロゴ 毛馬内村(中世)


秋田県>鹿角市

 戦国期に見える村名。陸奥国鹿角【かづの】郡のうち。「南部家系譜」に「毛馬内靫負領知奥州鹿角郡毛馬内郷。天正13丁酉年11月10日卒六十五歳」とあるのが初見史料(岩手県立図書館蔵)。「鹿角由来記」に「毛馬内町,毛馬内備中領知,本名成田の惣領也。後に南部靫負信継領知。天文年中三戸より知行遣わさる。高二千石。村数毛馬内・瀬田石・大欠ケ・赤沢・楢板躰・鰐口屋敷・菅生躰。毛馬内に館有り」とあり(南部叢書),また別に「鹿角志」には,村名の中に,日暮躰・籠屋ノ沢が加えられ,居館が「古は当麻館,後に柏崎館」であると記される。当麻館は建武4年北朝方の津軽曽我貞光の攻撃を受けた。柏崎館は慶長の末に藩主南部利直の縄張りにより造営された。「奥々風土記」に,鹿角三大日堂のうち胎蔵界大日堂が毛馬内にあり,継体朝にだんびる長者の建立した,小豆沢【あずきさわ】・長牛両村のものと組をなしているとある。「鹿角郡根元記」によれば,桓武朝に坂上田村麻呂が陸奥国に建立した月山社七座のうちの1社が毛馬内月山神社であり,また毛馬内の古館は成田備中が天喜年中から代々居館とした。建久年中南部氏の鹿角領有後,天文年中南部氏一門の武田靫負佐秀範がこの館に居り,毛馬内氏と苗字を改めたとある(新秋田叢書)。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259168
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ