ケータイ辞書JLogosロゴ 毛馬内村(近世)


秋田県>鹿角市

 江戸期〜明治22年の村名。鹿角郡毛馬内【けまない】通のうち。南部藩領。「邦内郷村志」によれば,蔵入高45石余・給分采地970石余,馬231,戸数314(うち,上町31・中町34・下町46・五軒町57・加屋町33・下小路75・川原町38)。領主の居館柏崎館がある。月山権現がまつられ,所領11石余。永福寺門徒別当広増寺がある。承応3年重直,元禄4年重信と南部藩主が社殿を造営し再建した。伊勢宮・稲荷社は修験宝珠院が別当,八幡宮・新山社は修験不動院が別当,他に数社がある。曹洞宗凱翁山仁叟寺は明暦3年創建で桜庭氏の菩提寺,閉伊【へい】郡善勝寺末寺で盛岡報恩寺支配。浄土宗根福山善徳寺は盛岡大泉寺末寺で寛永5年開山,同宗直至山誓願寺も同本山で,享保年間に白根より移転,浄土真宗浄光山常照寺は盛岡本誓寺末寺で和賀郡土沢から移転,日蓮宗本光院は三戸妙光寺末寺で盛岡法花寺支配である。「天保郷帳」では1,607石。なお「奥々風土記」には,毛馬内里の正東群山の中に来満【らいまん】山があり,鹿角・三戸【さんのへ】両郡の堺で,36里間駅家もなく冬から春には往来絶える険阻の坂道(峠)であると記す。郡区町村制下瀬田石・岡田両村と連合。戸長役場は毛馬内村にあり,警察分署もあった(秋田県各郡町村便覧)。明治22年鹿角郡毛馬内町の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259169
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ