ケータイ辞書JLogosロゴ 小松川村(近世)


秋田県>山内村

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国平鹿【ひらか】郡のうち。秋田藩領。「正保国絵図」では村名を記しながら大松川村の枝郷扱い。「元禄7郡絵図」で19石余の村と図示し,「元禄15年変地目録」でも独立の黒印村となった旨を報告している(佐竹文書)。「宝永2年黒印高帳」では当高31石余。「享保黒印高帳」では村高57石余・当高37石余(うち本田10・本田並4・新田22),「寛政村附帳」では当高36石余(うち蔵分28・給分8),横手町の寄郷と記すが,実際は肝煎不設定の村で,その代わりを帳蓋役が勤める。公的には横手町を親郷とする寄郷山内【さんない】村の枝郷が当村の公認された位置となる。「享保郡邑記」では枝郷の李原【すももはら】村20軒を合わせて家数55軒。石高の割に戸数が多いのは白木峠の存在とかかわる。この峠は1駄3斗入2俵が限度という難所であるが,南部境口の要所として番所が置かれた。番所常番拠人には寛政12年より高橋十郎左衛門が任命され,その後子孫代々この役を勤めて2人扶持を給された(山内村郷土資料)。村は往還の商物駄賃で益したという(秋田風土記)。大松川村枝郷田代村の農民が草倉沢地内に開いた10町歩に及ぶ土地をめぐり,大松川村との間に嘉永4年より明治38年まで50年以上にわたる紛争を繰り返している。「天保郷帳」37石余。「明治4年御物成皆済目録」では48石余。明治5年に小松川村より白木峠越えの旧街道に代わる新道の開設を秋田県令に申請,同14年平和街道(現国道107号)として開通し,交通の便は飛躍的に好転した(山内村郷土資料)。鎮守は山神社。同22年平鹿郡山内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259319
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ