ケータイ辞書JLogosロゴ 柴内村(中世)


秋田県>鹿角市

 戦国期に見える村名。陸奥国鹿角【かづの】郡のうち。「鹿角由来記」には「柴内村,柴内弥治郎領知。本名阿保。知行千三百石なり。館有り」とある(南部叢書)。鹿角四氏といわれる鎌倉期以来の地頭のうち安保氏の居館の1つであり,南側に南館,北側に本館・北館・下モ館が位置する連続多郭館の典型である館跡は,現在も町並みを分割する顕著な存在である。柴内安保氏は,永禄9年の秋田安東氏の鹿角進出には秋田方として石鳥谷・長牛・谷内などの館を攻撃した。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259488
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ