ケータイ辞書JLogosロゴ 下杉村(近世)


秋田県>合川町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国秋田郡南比内【みなみひない】のうち。秋田藩領。当初は上杉村の枝郷扱いとなり,「正保国絵図」では郷形のみを図示。延宝2年頃に下杉新田村として上杉村より独立,「元禄7郡絵図」に下杉新田村255石余と図示。道城【どうじよう】村の三ケ村堰からの導水を主要水源として,阿仁川氾濫原の起返しに成功を収めたことによるらしい。独立当時の延宝年間から幕末まで桜井家が肝煎を世襲的に勤めたと伝えられ(桜井家系図),開発の中心に同家が存在したと推定される。宝永2年郡村改めの際,新田の字をとり下杉村となり,同年の黒印御定書(木村家文書)では村高357石余・当高259石余と認定。「享保黒印高帳」では村高400石余・当高278石余(うち本田234・本田並13・新田31),「寛政村附帳」で当高292石余(うち蔵分288・給分4)とある。本田が多いわりに,年貢率41%と藩平均をかなり下回り,阿仁川洪水と用水不足に悩まされた事情を反映。「天保郷帳」は278石余。戸数は「享保郡邑記」で66軒,「秋田風土記」で110軒。村鎮守八幡社のほか,修験福寿院がある。元禄8年から文政7年まで当村肝煎が西接の川井【かわい】村肝煎も兼帯(松岡家文書・桜庭家系図)。親郷不設置の大阿仁下郷中の1村として,年行事が郷用を勤める。正徳2年当村の清水沢が御札山の指定を受け,当村は上杉村の大野台に草飼入会。漆植林が盛んな地域である。明治22年北秋田郡大野村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259540
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ