ケータイ辞書JLogosロゴ 丹波村(近世)


秋田県>山内村

江戸期〜明治9年の村名出羽国平鹿【ひらか】郡のうち丹波開【たんばびらき】村・古間木【ふるまき】村ともいう(享保郡邑記)山内村北部山岳に源を発する松川(北沢目【きたさめ】川ともいう)の水源地帯に位置する地名は,開拓者の丹波某によるという(雪の出羽路)「宝永2年黒印高帳」で2石余,「享保黒印高帳」で村高5石余・当高3石余(うち本田2・本田並1・新田2),「寛政村附帳」で当高3石余(すべて蔵分)「天保郷帳」で3石余という小村「享保郡邑記」で家数8軒明和7年の「村々堤見分並日記」(鈴木家文書)で家数1軒「秋田風土記」では家数なしとある「明治4年御物成皆済目録」で3石余明治9年大松川【おおまつかわ】村に合併村名は小字の丹波として残る
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7259988
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ