ケータイ辞書JLogosロゴ 東福寺村(近世)


秋田県>稲川町

 江戸期〜明治22年の村名。雄勝郡のうち。秋田藩領。慶長8年の村高302石余と推定される。「正保国絵図」「元禄7郡絵図」ともに本田当高273石と記載。17世紀後半に一時西隣の大門【だいもん】村を併合したが,万治3年再度分村。「享保黒印高帳」では村高418石余・当高383石余(うち本田249・本田並78・新田56)とある。枝郷に上東福寺村があり,村全体は親郷稲庭村の寄郷扱い。「享保郡邑記」の戸数69軒。「寛政村附帳」の当高349石余(うち蔵分8・給分341),「天保郷帳」では384石余。宝永6年および享和元年〜安政4年に,村内の白沢山に白沢銅山を経営し,最盛期に鉱夫100人・年産6,000貫を記録。その排水は付近の田地を汚染(昭和53年土地改良完成)。藩御用品となった紙漉も,幕末期には年間1万3,000帖余を生産。村鎮守は新山神社,寺は明暦元年開基の曹洞宗岩応山雲岩寺(稲庭村善竜寺末寺)。修験宝覚院もある(明治3年廃寺)。明治9年新検改租対象地は田35町・畑11町・山林原野371町歩余(明治18年郡村誌)。同11年の戸数57(うち養蚕兼業農家52)・人口327・馬14。同22年雄勝郡駒形村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7260142
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ