ケータイ辞書JLogosロゴ 前川村(近世)


秋田県>金浦町

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国由利【ゆり】郡のうち。元和8年まで最上【もがみ】氏領,元和9年から仁賀保【にかほ】領,寛永8年酒井預り地,寛永17年本荘藩領となる。慶長17年の戸数32(金浦年代記)。元和9年の村高314石,諸役は夜廻役銀1匁8分・山手役銀3匁・漆であった。また享保15年の村高395石(うち本田314・免5.0,新田81)(記念館文書)。「天保郷帳」では489石。天保11年隣接する大竹村と山論争をし,江戸幕府への出訴となり大金をかけ争った(金浦年代記)。文化元年の象潟【きさかた】大地震の際の被害は,潰家27・半潰7・潰土蔵1・潰小屋7・死者8・けが人1・死馬8(象潟郷土史)。明治9年の戸数53・人口296(うち男152・女144)・馬102。曹洞宗天徳山耕伝寺(院内村禅林寺末寺),北野天満から勧請したといわれる菅原神社,神明社がある。明治22年由利郡金浦【このうら】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7260994
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ