ケータイ辞書JLogosロゴ 三又村(近世)


秋田県>山内村

 江戸期〜明治22年の村名。出羽国平鹿【ひらか】郡のうち。秋田藩領。「元禄15年変地目録」(佐竹文書)で三ツ又新田村の成立が報告され,「元禄7郡絵図」でも86石余の新田村として図示するが,位置は黒沢川の上流部に記す。「正保国絵図」で上黒川村のうち下黒川村と図示した位置である。あるいは図の誤りか。三又村は二瀬【ふたせ】・貝沢・開【ひらき】・本田【ほんでん】4か村の総称。このうち本田村は雄勝【おがち】郡岩井川村より移住した尾張なる者が開き,貝沢村は慶長9年本田の仁兵衛が移住して開き,開村は寛永年中南部より南郷村に移住して来た和泉なる者が開いたという(享保郡邑記・山内村郷土資料)。「宝永2年黒印高帳」で当高93石余。「享保黒印高帳」で村高200石余・当高135石余(うち本田11・本田並59・新田64),「寛政村附帳」で当高120石余(うち蔵分11・給分109)と認定。親郷横手町の寄郷山内【さんない】村9か村中の1村であり,肝煎の代わりに帳蓋役が置かれた。寄郷と枝郷の中間的存在の村である。「享保郡邑記」では家数69軒。「明和7年村々堤見分並日記」(鈴木家文書)によれば,養蚕や葉タバコ栽培が行われ,蚕飼はよく取る家で10貫匁くらい,タバコは13〜14貫匁で上々とある。「文化13年横手山内菅糸御買上取調帳」では,4貫余(代金19両余)の生糸を生産する権左衛門をはじめ,30軒余の養蚕農家があった。「雪の出羽路」では412人。鎮守は山神社。「天保郷帳」135石余。「明治4年御物成皆済目録」では129石余。明治7年三又学校開校。同22年平鹿郡山内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7261132
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ