ケータイ辞書JLogosロゴ 青田(近代)


山形県>山形市

 明治22年〜現在の大字名。はじめ滝山村,昭和29年からは山形市の現行大字。昭和35年の世帯110・人口675。このころから山形市の近郊ということで,住宅地が大幅に増加し,同50年には世帯604・人口2,489となる。昭和48年の国道13号バイパス全面開通により,地域が東西に,町内会も二分された。同49年西地域に南小学校を創立。昭和43年から同52年にかけての住居表示実施により一部が鳥居ケ丘・青田1〜5丁目・中桜田1〜2丁目・東青田1〜5丁目の各一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7261551
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ