ケータイ辞書JLogosロゴ 飯沢(中世)


山形県>山形市

 南北朝期に見える地名。大曽禰荘のうち。貞治3年9月11日の沙弥真季打渡状(相馬文書/県史15上)に「出羽国下大山庄内漆山郷,大曽禰庄内門田・飯沢・前明石之事,八月十七日任御教書之(旨),大泉下野守相友,相馬讃岐守代下地渡付候畢」と見える。これによれば,沙弥真季は御教書の旨にまかせて,飯沢などの下地を大泉下野守とともに相馬胤頼の代官に打ち渡している。江戸期には沼木村の字名として見える。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7261713
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ