ケータイ辞書JLogosロゴ 五日町(近世〜近代)


山形県>山形市

江戸期〜現在の町名明治17年から一時期山形を冠称江戸期は山形城下のうち城郭の南部に位置し,東は八日町,西は上町【うわまち】地内を羽州街道が通る石関古墳や稲荷塚古墳がある稲荷塚古墳跡には寿稲荷が祀られている寛永13年の領地目録(家世実紀)では高1,480石余「寛文印知集」には五日町村と見える元禄年間の屋敷数82軒半(検断・組頭・筆役・小走無役12,蔵屋敷1,阿弥陀堂屋敷1,明屋敷1,役屋敷67軒半),家主77,借家・店借37,人数491,高1,283石余,田48町余・畑5町余,百姓76,自身番所1,辻番所2,市日は5の日であったが,現在は市立てはないという(山形城下新古銘細記/山形市史資料40)天保13年の村山石高帳および「旧高旧領」の高1,492石余「東講商人鑑」に当町の商人として万金物類升屋源兵衛・松前産物魚集砂糖類卸店鈴木屋彦兵衛が見える明治6年五日町学校創立,同年6月昭明学校と改称,同8年再び五日町学校と改称,同11年東部進修学校と改称,同20年八日町尋常小学校へ統合明治11年の一覧全図では,反別71町5反余,戸数95・人口596明治22年山形市の町名となる同32年鉄道敷設の時,当町は二分され,多くの部分が鉄道敷地となった昭和26年の世帯数336・人口1,669昭和24年と同45年の土地区画整理事業実施により一部が末広町・西田町の各一部となる昭和40年から同53年にかけての住居表示実施により,上町・香澄【かすみ】町・八日町などの各一部を編入し,同時に一部が春日町・清住町1〜3丁目・双葉町1〜2丁目・幸町・南栄【なんえい】町1〜3丁目・南四番町・上町1〜5丁目・若葉町・南館【みなみだて】1丁目・久保田・やよい1〜2丁目の各一部となる昭和42年から同49年にかけての土地改良事業により一部が飯沢・木ノ目田・砂塚・千代田・中沼・中江・南石関・西崎・菅原・立道・豊原・高堂・深町などの各一部となる昭和53年の世帯283・人口978(住居表示未実施の五日町の世帯11・人口38)わずかに残る住居表示未実施の五日町も,昭和60年度までに住居表示実施予定である
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7261811
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ