ケータイ辞書JLogosロゴ 猪子村(近世)


山形県>三川町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ櫛引【くしびき】郡,寛文4年からは田川郡のうち。はじめ上杉氏領,慶長6年最上氏領,元和8年からは庄内藩領。京田通に属す。村高は,元和8年の御知行目録では19石余,庄内検地高辻408石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,477石余。幕末期の「弐郡詳記」では,村高1,477石余,免5ツ1分,家数138軒。万治2年村高1,100石余分の年貢のほかに約300石余分の追加納入を申し出た。藩ではそれを隠田扱いとしたが,「其身より申出候間,たたみ年貢は御赦免」としてこれを免除した(大泉紀年)。農業用水は青竜寺川の分水堰の青山堰を使用。用水の末流にあたることから水不足に悩み,文化9年には末流の成田新田村への通水を止めたことから争いとなった。成田新田村は郡奉行の直裁を求めた。その結果,猪子村は敗訴し,勝手に水揚げしていた4か所の埋立てと,肝煎の謹慎処分が申し渡された。この時は大勢で徒党を組み貝を鳴らし,大喧嘩の気配がみられた。文政年間,猪子村と押切新田村との間に渡しがつくられたが横山村渡しと争いになり,文政6年,横山村に猪子村から年2歩2朱,押切新田村から年1歩2朱を納めることで渡しが認められた。赤川の洪水に苦しんだ村人は,土手や田畑の安全を祈願し,明和2年村の南端に「堅牢地神」という石塔を建てた。鎮守は観音堂。ほかに琴平神社・八幡神社がある。正保4年大山村正法寺14世諦翁運察【たいおううんさつ】により曹洞宗洞泉寺が開創。ほかに浄土真宗慈眼寺があった。鶴岡県を経て明治9年山形県に所属。同11年の一覧全図では,反別235町7反余,戸数139・人口854。同11年広文学校創立,同17年第五番学区高等学校と改称,同19年猪子尋常小学校と改称。明治22年の戸数138・人口976(村治要覧)。明治11年西田川郡に属し,同22年東郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7261827
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ