ケータイ辞書JLogosロゴ 今塚村(近世)


山形県>山形市

 江戸期〜明治22年の村名。村山郡のうち。はじめ最上氏領,元和8年山形藩領,延享元年幕府領,文政6年陸奥白河領,弘化2年からは山形藩領。村高は,寛永13年の領地目録(家世実紀)では566石余,「天保郷帳」616石余,村山石高帳によれば天保13年591石余,「旧高旧領」600石余。明和9年の村明細帳(県史13)によれば,村高591石余,反別35町1反余,家数36軒(百姓23・無高12・寺1),人数224,小物成として漆木役・柿渋代・糠代・藁代・草代・縄代が課されていた。寺社は曹洞宗高源寺・月山堂がある。旧山形県を経て明治9年山形県に所属。同11年の一覧全図では,反別54町8反余,戸数66・人口404,今塚学校がある。明治11年東村山郡に属し,同22年大郷【おおさと】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7261848
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ