ケータイ辞書JLogosロゴ 押切新田村(近世)


山形県>三川町

 江戸期〜明治22年の村名。田川郡のうち。庄内藩領。中川通に属す。当村の開発については,横山組大庄屋佐藤家の先祖勤書に寛永4年「押切組七カ村新田開発仕,其節御高弐千弐百七拾石余指出申候」と見える。村高は,寛文9年の検地帳1,564石余(上組387石余・中組320石余・下組297石余・三本木173石余・対馬385石余),「天保郷帳」「旧高旧領」ともに1,826石余。幕末期の「弐郡詳記」では村高1,826石余,免4ツ7分,家数282軒(上組76・中組67・下組62・三本木35・対馬42)。「荘内要覧」によれば上・中・下組,三本木,対馬は押切新田村の小名となっているが,それぞれに肝煎が置かれ,検地帳・年貢割付・諸負担などは各集落単位であり,それぞれがほぼ一村同様の機能を有していた。農業用水は中川堰の分水堰を利用。各集落とも末流に当たり,水争いが多かった。嘉永3年には押切組内村々で定番水の不履行から,また安政4年には押切組と中川大堰守との間で,末流村々への通水がとだえたことから争いがあった。赤川沿いには広大な谷地があったが,多くは藩直轄の御谷地,上級家臣の御家中谷地,在郷有力者の御百姓入会谷地で,村民の用益権はなかった。そのため秣・肥草・土取・普請柴などをめぐり,宝暦10・11年の高谷地一件,天明2年〜明治初期の柳御林一件,天保2年の柳・土取場一件,慶応元年の鼠谷地一件など横山組村々との争いがしばしば起こった。酒田街道が貫通し,所々にケヤキの並木があり,上組と対馬との間には一里塚が設置された。赤川は鶴岡〜酒田間の交通の大動脈であったが,船は上組のあたりで休憩し,川原には茶店が出ていた。対岸へは横山渡しまで行かねばならず不便だったが,文政年間押切・猪子【いのこ】渡しを始めたところ横山渡しとの争いとなり,文政6年押切新田村で年1歩2朱,猪子村で年2歩2朱を横山村に支払うことでこの渡しは認められた。年貢米は2月に赤川を利用して酒田まで運んでおり,水陸とも鶴岡と酒田の中間点にあり,往来する者を相手にした小商人も多かった。天保13年の商人数73人。赤川で川猟もみられ,安永7年から鑑札(居繰札)制度が実施された。漁場に関しての争いも多く,文政5年には最上川乗り入れをめぐって大網漁の者との紛争があった。天保4年は未曾有の凶作で,下組加藤氏はその詳細を「天保四巳年飢饉控」にまとめた。鎮守は地蔵堂(現愛宕神社,中組)。ほかに下組の山神神社,三本木の天王様(現八坂神社),対馬の皇太神社がある。押切新田には羽黒派修験の大学院がある。対馬は能の盛んな集落で,皇太神社の拝殿は能舞台として作られたものと伝えられている。曹洞宗耕福寺は永寂によって寛永年間頃に建立された。上組大山家・下組斎藤家は幕末期に手習所を開いた。鶴岡県を経て明治9年山形県に所属。同11年の一覧全図では,反別345町6反余,戸数346・人口2,100,耕福学校がある。同18年耕福学校は押切学校と改称。明治11年東田川郡に属し,同22年押切村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7262219
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ