ケータイ辞書JLogosロゴ 尾花村(近世)


山形県>三川町

江戸期〜明治9年の村名小花とも書いた庄内地方,庄内平野の南部,大山川右岸に位置するはじめ櫛引【くしびき】郡,寛文4年からは田川郡のうちはじめ庄内藩領,慶安2年大山藩領,寛文9年幕府領,元治元年からは再び庄内藩領寛永年間に開発して成立正保庄内絵図には小花新田と見える京田通に属すはじめ天神堂村の東北の地にあったが,赤川の洪水を避けて現在地に移転したという村高は,慶安2年151石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに232石余明和9年の村明細帳によれば,村高232石余(田203石余・畑28石余),家数32・人数149(男80・女69),馬5幕末期の「弐郡詳記」では村高233石余,家数28軒農業用水は青竜寺川の分水堰である青山堰を使用当村開発の時,赤川に合流する大山川の逆流水を防ぐために横土手を築いたが,万治年間成田新田開発にかかわり,自村捨水の分水や堰立用地提供の代わりに横土手普請を成田新田に請け負わせたその後成田新田村では自村の水害防除のため,大山川沿いに1,800間余の土手を築いたため,川の溢れ水がそのまま横土手にさえぎられ,尾花村地内に滞水することになり,尾花村では横土手の崩しにかかったことから争いが起こった大きな争いだけでも寛政元年,同8〜12年,明治23年にあり,横土手一件という鎮守は地蔵堂寺院に曹洞宗妙心寺がある鶴岡県を経て明治9年山形県に所属同9年の地租改正事業を契機に天神堂村と合併し神花村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7262266
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ