ケータイ辞書JLogosロゴ 角田二口村(近世)


山形県>三川町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ櫛引【くしびき】郡,寛文4年からは田川郡のうち。はじめ上杉氏領,慶長6年最上氏領,元和8年庄内藩領,慶安2年大山藩領,寛文9年幕府領,元治元年からは再び庄内藩領。京田通に属す。村高は,元和8年の御知行目録では須麻田村として100石余,庄内検地高辻には須磨田村63石余・二ツ口村83石余と見え,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに302石余。村名は,承応・明暦年間頃から角田二口が使われ,寛文年間以降に固定する。須麻田村地域を開発して成立した村で,元村の須麻田村には元禄年間まで2人が居住していたが,他村へ移住して亡村となった。元禄2年の村明細帳では村高300石余,家数16軒・人数88,馬7,女・小百姓の稼ぎに塩鰯鮭売買があった。幕末期の「弐郡詳記」では村高302石余,家数20軒。寛文年間大山川を越えてその左岸を開発し,寛文5年新田153石余を高入(二口村新田水帳)。百姓の移住もみられ,彼らは日蓮宗清涼寺の門前村,通称「門前」といわれる集落を形成。農業用水は青竜寺川の分水堰の中京田堰を利用。門前では大山川に樋を渡した新田堰を利用。用水の末流にあたり水不足に悩み,宝暦9年・文化2年・嘉永6年に上流の中京田村・新興屋村と通水問題で争った。中京田村などとの入会秣場があったが,文化10年塊一件・弘化4年草盗一件など中京田村との争いがあり,また播磨村とも天明元年谷地一件・文化8年秣谷地野手一件を起こしている。草分けの佐藤家は代々名主を勤め,元禄年間頃から土地集積をすすめ,文政2年には1,123俵余の渡口【わたりくち】米を得ていた。また酒造業を営み,地売りのほか新潟の当銀屋・塩屋などへの沖出しもしていた。酒田とは大山川の舟運で結ばれ,年貢米は角田二口船場から回米された。鎮守は観音堂。寛文4年,大山藩主酒井忠解の母清領院の菩提を弔うため,忠解の外祖父武山勘左衛門が日蓮宗忠武山清領寺を建立。忠解から10石の黒印状が与えられた。鶴岡県を経て明治9年山形県に所属。同11年の一覧全図では,反別54町1反余,戸数24・人口156。明治22年の戸数22・人口197。明治11年西田川郡に属し,同22年東郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7262298
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ