ケータイ辞書JLogosロゴ 神田村(近世)


山形県>戸沢村

 江戸期〜明治22年の村名。最上郡のうち。はじめ最上氏領,元和8年からは新庄藩領。川口郷に属す。寛保3年松坂村を分村する。村高は,「新田本新庄領村鑑」では元和8年852石余・元禄13年977石余,「天保郷帳」では942石余で,ほかに当村の枝郷として名高村775石余・津谷村811石余・野口村111石余・末坂村152石余,「旧高旧領」では1,643石余。正徳頃濁沢川の支流市の沢川に大堰堤を築き津谷村一帯まで水を引いた。当時6年間で人足9,600人を藩命で使役し,そのほかに居村人足1万人を投入して完成し,堤守兼水林守を枝郷濁沢に置いた(戸沢村史)。享保2年庄屋利左衛門による貢租の取立てが厳しく,皆川市十郎父子が農民の苦難を救おうと直訴した。そのため皆川父子は斬罪となり,庄屋利左衛門・孫市は追放され,代わって高橋羽左衛門が庄屋となったという(増訂最上郡史)。枝郷鹿ノ沢は庄内藩領へ通じる間道があるため,足米免除・1人扶持が与えられて口留番所が置かれた(新田本新庄領村鑑)。「吉村本新庄領村鑑」によれば,当村の反別は明和3年・文化元年ともに91町余うち田方72町余,年貢高は明和3年・文化元年ともに1,520俵余うち田方1,409俵余,家数・人数は寛政6年79軒・455,文化9年94軒・503,文化9年の馬31。枝郷にニコリ沢・杉沢・木田橋・鹿ノ沢村がある。寺院は寛文年間岸孫四郎の子孫が名高から移した曹洞宗清林寺で加賀前田家から寄進されたという袈裟と数珠が伝わっている。神社は安倍貞任を合祀するという妙見堂で,昔は日本三妙見とか馬の神様とかいわれ,遠方からも参拝者があった。旧山形県を経て明治9年山形県に所属。明治11年の一覧全図では,反別228町余,戸数・人口は101・737,神田学校がある。明治11年最上郡に属し,同22年戸沢村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7263334
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ