ケータイ辞書JLogosロゴ 介川(中世)


山形県>三川町

 戦国期から見える地名。櫛引【くしびき】郡のうち。永禄3年成立の「羽黒山睡中問答并縁記」(県史15下)に「歌連ノ里ニ介川ト曰フ所」と見え,推古天皇の頃のこととして次のような話を伝えている。藤原隆委なる人物が出羽国司として下向し,国中を巡見した際,当地で急に腰が悪くなった。様々な治療を試みたにもかかわらず,一向に回復しなかったが,暮黎峰(羽黒山)で修行した能除上人の験力で,即座に平癒したという。当記録は史実性に関しては問題があるが,戦国期における当地名の存在を知ることができる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7263383
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ