ケータイ辞書JLogosロゴ 善阿弥村(近世)


山形県>三川町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ櫛引【くしびき】郡,寛文4年からは田川郡のうち。はじめ上杉氏領,慶長6年最上氏領,元和8年庄内藩領,慶安2年大山藩領,寛文9年幕府領,元治元年からは再び庄内藩領。京田通に属す。村高は,元和8年の御知行目録では304石余,寛永元年の庄内検地高辻413石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに478石余。慶安2年庄内藩より大山藩に分知された時の村高は427石余(大泉紀年)。天明8年の村明細帳によれば,村高427石余,家数26軒・人数116,馬11。幕末期の「弐郡詳記」では427石余,家数23軒。農業用水は青竜寺川の分水堰の善阿弥堰を利用。寛保元年1町余の入会秣場をめぐり隣村東沼村と境界争論が起き,3分の1を東沼村,3分の2を当村が支配することで決着。鎮守は観音堂。万治元年播磨村勝伝寺3世宗茂が,曹洞宗高禅寺を開創。鶴岡県を経て明治9年山形県に所属。同11年の一覧全図では,反別36町余,戸数18・人口121。明治11年高禅寺に三省学校設立,同20年善阿弥小学校と改称。明治22年の戸数17・人口140。明治11年西田川郡に属し,同22年東郷村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7263459
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ