ケータイ辞書JLogosロゴ 津谷村(近世)


山形県>戸沢村

 江戸期〜明治22年の村名。最上郡のうち。新庄藩領。古口郷に属す。村高は「新田本新庄領村鑑」では,正保3年・元禄13年ともに811石余,元禄13年には,このうち611石余がもと神田村分,199石余がもと蔵岡村分で,当村は神田村の枝郷として扱われている。「天保郷帳」でも同じく神田村枝郷と見え811石余,「旧高旧領」では1,243石余。当村は元和8年大川与五兵衛・夏井市助らが津谷野を開拓し,新庄藩主戸沢政盛から知行地として宛行われた。また大川与五兵衛は承応2年藩主戸沢正誠から津谷開田200石の知行が認められている(戸沢村史)。正徳年間には市の沢川に大堰堤が築かれ,6年間に人足9,600人を藩命で使役し,居村の人足1万人を投入して完成された。堤守兼水林守として山崎久五郎・山崎久右衛門がその任についている(同前)。鮭川流域より移出される木材は金打坊で山奉行が改め,酒田(現酒田市)へ下した。同所の又三郎という者は材木守を勤めるかわりに,足米が免除されていた。また同所には藩の蔵宿が数軒あり,矢口庄右衛門は金山郷・庭月郷の蔵宿を勤め,伊藤又次郎は川口郷の米年貢を扱い,100俵につき1俵の蔵敷料を徴収した。「吉村本新庄領村鑑」によれば,当村の反別は明和3年68町余うち田方53町余,文化元年67町余うち田方53町余,年貢高は明和3年1,457俵余うち田方1,348俵余,文化元年1,453俵余うち田方1,348俵余,家数・人数は寛政6年58軒・347,文化9年59軒・342,文化9年の馬19。枝郷に金打坊がある。神社は津谷神社があり,大川与五兵衛が聖徳太子を祀って建立した。旧山形県を経て明治9年山形県に所属。明治11年の一覧全図では,反別144町5反余,戸数・人口は74・518,津谷学校がある。明治11年最上郡に属し,同22年戸沢村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7263775
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ