ケータイ辞書JLogosロゴ 青柳村(近世)


福島県>伊南村

 江戸期〜明治22年の村名。会津郡のうち。古くは伊南郡に属した。はじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領。古町組に属す。村高は,慶長2年の高物成帳では150石余(会津若松史8),寛文6年の村々改帳では172石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに173石余。寛文6年の家数23軒・人数207,馬10(村々改帳)。天明8年の人数101(御案内手鑑/馬場家文書)。化政期の家数29軒(新編会津)。伊南川の河岸段丘上に耕地が開け,寛文6年の反別は田5町余・畑12町余,年貢は免6.5で,金23両余・銀2匁余,物産は養蚕6両・瀑布織20両・麻25両など(村々改帳)。南部の久川【ひさかわ】城址は,天正年間伊達勢の侵攻を河原田盛次が防いだ旧跡で,文化年間には升形が残っていた(新編会津)。また,慶長年間頃には蒲生氏の臣,蒲生忠右衛門が住んだが,その後荒廃した(村々改帳)。神社は鹿島神社。若松県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数34・人口178。明治12年南会津郡に属し,同22年伊南村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265392
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ