ケータイ辞書JLogosロゴ 赤土村(近世)


福島県>下郷町

江戸期〜明治8年の村名会津地方南部,那須沢山北麓に位置する会津郡のうち古くは楢原郷に属したはじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領楢原組に属す村高は,文化15年の村日記(県史10下)および「天保郷帳」「旧高旧領」では43石余赤土峠を越して高野村に至る貞享年間頃から養蚕・流木も行われた積雪が多く,収穫は少なく,毎年秋から春3月までは朝夕ともにとち(栃)したみ粥を食したとある(貞享2年風俗帳)元禄4年の家数15軒・人数80,馬8化政期の家数6軒(新編会津)明治4年の戸数6・人口35神社は稲荷神社明治8年戸石村と合併して戸赤村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265430
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ