ケータイ辞書JLogosロゴ 秋山(中世)


福島県>川俣町

 戦国期から見える地名。伊達【だて】郡のうち。天正14年11月14日の二本松日記(伊達家文書/県史7)に「青木やまと分 秋山の内てさく……以上仁十〆百五十文」とあるのが初見で,伊達家臣青木やまとの所領であった。同日記には秋山の内として「かミさく・あまわらい・太郎内・ほりの内・上くねきたいら・みなミのさと」が記されており,「上くぬきたいら」は現在の川俣町大字秋山字上椚平に比定されている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265445
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ