ケータイ辞書JLogosロゴ 阿久津村(近世)


福島県>新鶴村

江戸期〜明治8年の村名悪戸とも書き,また,かつて悪津と書いたが,寛文年間から阿久津と改めたともいう会津地方中部,会津盆地南西部,佐賀瀬川北岸に位置する大沼郡のうち会津藩領高田組に属す村高は,文禄3年の蒲生高目録には悪戸と見え243石余,寛文5年の高田組郷村万改帳(会津風土記風俗帳1)では283石余,「天保郷帳」385石余,「旧高旧領」387石余寛文5年の家数29軒・人数163化政期の家数26軒(新編会津)当村は越後国から下野【しもつけ】国に至る街道沿いにあり,ムシロのほか馬の沓【くつ】を作って商売をした元禄14年当村の百姓作左衛門は新田2町9反余を開いたという鎮守は稲荷神社寺院は浄土宗阿弥陀寺明治4年の戸数25・人口154(若松県人員録)明治8年檜目村・沖中田村と合併して鶴野辺村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265454
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ