ケータイ辞書JLogosロゴ 浅野村(近世)


福島県>河東町

江戸期〜明治8年の村名会津地方中部,会津盆地東部,大工川北岸に位置する河沼郡のうち会津藩領代田組に属す村高は,文禄3年の蒲生高目録では391石余,文化15年の村日記(県史10下)では768石余,「天保郷帳」641石余,「旧高旧領」567石余化政期の家数34軒(新編会津)文禄年間は蒲生氏郷の家臣町田半助の知行地であった保科正之の入部以来,新田開発が盛んになり,新田高が増大した用水は日橋【につぱし】上堰の水を利用したものであろう寛文5年には,家数5軒の端村牛蒡【ごぼう】屋敷があったと記されているが,江戸中期には廃村になった寺院は新義真言宗智山派大(太)念寺薬師堂は宝永4年の再建で,境内には石造の六地蔵が並んでいる鎮守は箱根神社で,当村および北山新田村・中林新田村3か村の鎮守明治4年の戸数24・人口131(若松県人員録)同8年北山新田村・中林新田村と合併して浅山村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265491
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ