ケータイ辞書JLogosロゴ 芦原村(近世)


福島県>下郷町

江戸期〜明治8年の村名蘆原・芦野原とも書く会津地方南部,鶴沼川下流沿岸に位置する会津郡のうち古くは湯原郷に属したはじめ会津領,寛永20年からは南山御蔵入領小出組に属す村高は,文禄3年の蒲生高目録では355石余,文化15年の村日記(県史10下)および「天保郷帳」「旧高旧領」では462石余会津藩の口留番所があり,古くは岩瀬湯本村へ通ずる道が,鶴沼川左岸の御霊神社を通っていたと伝える「新編会津」の古文書4通のうち3通は田代村・湯本村・白岩村との境界論,1通は切支丹取締り関係文書であるが,山論文書は元和・寛永年間からあらわれている寛文5年の「弥五島村風土記」には芦野原村とあり,村高439石余,家数40軒・63竈・人数300,馬6,小物成として役漆327本,農間余業に養蚕・流木があげられている江戸末期から朝鮮ニンジン栽培が盛んになる神社は熊野宮2社・赤城神社・御霊神社寺院は浄土真宗明宗寺,もとは太子守宗であったが,元和8年法泉という僧が京都に行き西本願寺12世准如に請いその末山となる(新編会津)化政期の家数57軒,小名根岸1軒(同前)明治4年の戸数57・人数294同7年弥五島小学校の芦原分校が開校明治8年に田代村と合併して高陦【たかしま】村となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265500
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ