ケータイ辞書JLogosロゴ 油田新田(近世)


福島県>白河市

江戸期〜明治10年の新田村名中通り南部,社川上流沿岸に位置する白河郡のうちはじめ会津領,寛永4年白河藩領,寛保2年越後高田藩領,文化6年幕府領高田藩預り地,文政3年からは幕府領(浅川・川俣・塙代官所支配)村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに22石余村名の由来は耕田が泥深く,肋【あばら】までつかる個所があるため肋田といったのが,油田となったというもと高田藩領中野村の端村で,延享4年と宝暦11年の御巡見案内記によれば家数4軒(菊地氏文書)旧福島県を経て,明治9年福島県に所属同10年旗宿村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265525
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ