ケータイ辞書JLogosロゴ 荒砥崎村(中世)


福島県>白河市

南北朝期から見える村名白河荘のうち延元元年6月19日の陸奥国宣案(結城文書/県史7)に「陸奥国白河庄荒砥崎村,結城判官跡,可被知行者」と見え,結城宗広が陸奥国府より,結城宗家の朝祐の所領を西上した恩賞として宛行われた荒砥崎には,宗広の祖父朝広の菩提寺金勝【こんしよう】禅寺があるので金勝寺町と改称した(白河風土記)中通り南部,現在の白河市金勝寺町の地に比定される
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265563
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ