ケータイ辞書JLogosロゴ 泉村(近世)


福島県>いわき市

 江戸期〜明治22年の村名。菊多郡のうち。はじめ磐城平藩領,寛永11年からは泉藩領。泉組に属す。村高は,文禄4年の検地目録(いわき市史)では447石余,寛政2年の郷村高帳(県史8)および「天保郷帳」「旧高旧領」ともに634石余。寛永11年に内藤政晴が当村に陣屋を置き泉藩が成立。城下町の発展により町場は,当村に上町が,滝尻村へ仲間町・下町・横町が広がった。町場の総称を泉町として町名主が取締った。本多氏時代の城下町屋は130軒であったという(泉館絵図・佐藤巌蔵/県史3)。延享4年の村明細帳によると,秣場は村の中に山野が不足しているため松小屋村大沢にて刈り取り,山年貢を差し出していた。苅敷は湯長谷領上釜戸村に入会山野あり。掃除場は桝形よりそと洞【ぼら】村までのうち408間とある(県史3)。磐前【いわさき】県を経て明治9年福島県に所属。同20年の戸数100・人口590。明治12年菊多郡に属し,同22年泉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7265705
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ